使用中の車の売り方について思うことをあげてみました。

事故車など曰くのある車の場合は売っていいものかどうか

使用中の車の売り方について思うことをあげてみました。車の室内をクリーンにしたり洗車をして見栄えをよくしておくことが一番です。

走行距離が多いと市場価値が低くなってしまうので、手放したいと思ったら早いうちに売却することを一考したほうがいいと思います。

よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

中古車販売業者の多くは今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。特に急いで車を処分する理由がないなら、9月というのはまさに売り時です。

逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

車を査定に出す時は、スタッドレスタイヤをつけたまま査定してもらうのではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになるそうです。

使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤごと買い取ってもらえることもありえますが、溝がなくなっていると、処分するためにお金が必要となる場合もあります。

親世帯と同居することになったのでもっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。

古い車は下取りしてもらうことになったのですが、実際、下取りしてもらった経験はなかったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で即決してしまったのです。妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

せめて半月前に買取業者の査定を利用していたら良かったのではないかとあとになって後悔しました。

車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これはある条件を満たしていれば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

売りに出すときには還付の対象から外れます。

さらには、還付金が生じるケースでも手続きなしに入金されるという事はないのです。自分自身が自賠責保険会社に対して書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

先日、査定表に目を通して意気消沈しました。

私の車はこれっぽっちの金額なんだと確認しました。素人とは別で、あちこち点検が添付されていました。

落ち込んでしまったので、よその買取店にも査定を依頼してみたのですが、ほぼ変わらない内容でした。

車の査定は自家用車を置いている場所まで来てくれる出張査定でも、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、たまに有料という場合があります。

その際は査定料金としてではなく、出張料金として請求されるケースが多いです。お金を取る業者が悪い買取業者という訳ではありませんが、無駄なお金をかけないためにも、出来るだけ無料査定のところを利用されてください。

車査定で売却すればいいのか、それとも、ネットオークションで売却したらいいのか、迷われている人はおられませんか?愛車をわずかなりとも高く売却したいと思うのはオーナーとしては当然のことなので、こうした悩みを持っている人は多数いると思います。結論から言うと、希少価値が高い車であるのならば、ネットオークションを選んだほうがより高く売れるということかもしれません。

車の査定を受けるときには社外パーツを付けている車は一般的に評価が下がってしまうのでメーカーの部品に戻すようにしてください。

ただし、正しいパーツに戻すのに工事費がかかるときは、上乗せ額よりも工事費のほうが高くなる確率が高いため元の状態に戻さずに今のまま見積りしたほうが良いです。

車査定とディーラーによる下取りでは、どちらがより高く買い取ってくれるのでしょうか?もちろん、愛車の状態にもよりますが、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。

さらに、購入する新車の値引き額を考慮した価格として伝えられることがよくありますから、交渉が難しくなり、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。これまで述べたように、ディーラー下取りよりも車査定を選んだ方がお得になる可能性が高いというわけです。

This entry was posted in 車を売りたい. Bookmark the permalink.