トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の

じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。ローンの返済中ですが、車両が担保の役割を担っています。

つまり、こうしたローン返済中の車を売る時には、残債を片付けて、ご自身がクルマの所有権を持たなくてはいけないという訳ですね。手続きが難しいと感じる方もいるかもしれませんが、多くの買取業者では買取額の中からローン完済分を立て替えてくれます。同時に、所有者の移動手続きも行ってくれますので簡単です。ローン残債分と売却額を計算し、業者に残りの金額を支払うか、差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。

いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。先日、査定表に目を通して落ち込みました。俺の車はこれくらいの価値なんだと気付きました。一般人とは違って、あちこち点検が添えられていました。

がっかりしたので、他の買取店にも査定を頼んでみたのですが、だいたい同じ内容でした。売却希望の車を見積もりする場合には、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。しかし、最新モデルの車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、より最新モデルのカーナビでないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビ非搭載だと査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

売るほうの気持ちの問題もありますが、車の車種や補修履歴などの状態によって、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。

2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。業者による実車の査定においては車のメーカー、車種だけ見るのではなく、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも当然のこととなっています。

そして、各機器や車自体の動作チェックがおこなわれ、外装も隅々までみますし、エンジンルームをくまなく点検することも必須であり、そういったことも含めると、車の査定を受けるのには大体15分から30分程度は見ておいた方がいいかもしれません。オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

見積もりの金額を教えて貰うために連絡先だけは教える必要があるのですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

それは、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、現在の参考相場が分かる場合があります。

参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、さほど意味がないかもしれません。

外車というのは国産車と比較すると、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると国産車より圧倒的に少ないため、実績値のメタデータも少なく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

それでも処分したいと思うのであれば、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

これならたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、安易にディーラーでの下取りを選ばず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。そこで、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、業者からのコンタクトがあります。

電話連絡の場合が多いです。

場合によりますが、5社くらいから電話がくることが普通です。

その時に、自分の車がいくらで売れるかを聞きます。そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。

いわゆる事故車とは、文字通り事故を起こした車のことです。適切に補修されていればどの車が事故に遭遇した車なのか一般の人にはほとんどわかりません。

事故車かどうか問題にしない方ならどうでもいいことですが、どうしても不安があるという人は中古車を購入する時には入念に調査することが必要です。

This entry was posted in 車査定. Bookmark the permalink.