車を売る時に、ディーラー下取り依頼と、買取業

車査定とディーラー下取りでお得なのは、もちろん、愛車の状態

車を売る時に、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どっちがお得でしょうか。

最近は、一括査定などを使って、査定買取業者にお願いする人が多いです。

でも、いつも査定業者の方が得とは限りません。

一例を挙げると、決算期やお正月のキャンペーンの時などはディーラーに売った方が得になることもあります。

私の車は以前、事故に遭っており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。

とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。業者に買取を依頼する際に修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、しまいには訴えられる危険さえあります。

そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、事故歴や修理歴は全て報告しておくのがいいと思いました。

個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルの心配をしなくてすみます。

個人間で売買をする場合には、車を納品したにも関わらず、代金が支払われなかったり、代金を支払ったけれども車を渡されないという危険性があります。売った後に購入者から苦情がくることも珍しくありません。車査定関連の口コミ情報を探すと、大量に見つかることでしょう。思いがけずいい値段がついて良かった、というものがあったり、買い取り業者の電話対応や査定の際の態度に非常に嫌な思いをしたといった怒りや後悔に満ちたものなど、それはもう多種多様です。それから、一括査定サイトの機能の比較などというものもあり、参考にするのもいいでしょう。口コミ情報は、読んでおくと有益なことも多々あるのですが、ただ、あくまでネット上の匿名の意見であり、それ程信頼しきっていいものでもありません。

なので、信じすぎない方が良いでしょう。

あくまで参考のために一通り目を通す位にしましょう。

車を買い取る際の金額に、消費税が含まれている場合と入っていないケースがあるので、最初によく聞いてください。さらに、買取業者が遅くに手続きして自動車税の通知が届くこともありますから、売る時によってはそういった事が発生した場合の対応においても明確にしておいた方がベストかもしれません。

中古車の査定を進める時には、ディーラーや買取業者まで車を運んで実物の車を見ての査定を受けます。

ですから複数業者の査定を受ければ、価格を比較できます。とは言え、大まかな査定額があらかじめ分かっていれば手間がかからず、簡単ですね。

どのくらいの業者がメールでの連絡に対応してくれるのか確認しましたら、実は結構ありました。

節約にもつながりますから、査定は、まずメールでしてみてはいかがでしょうか。ある程度を超えて走行した車というものは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。しかしまったく売却不能ということをここで書くつもりはありません。過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、細かくパーツ分けした査定を行って、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。買取業者に行って自動車を売却する際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

走行距離が10万キロを超えている中古車は、査定してみると多くの車に値段がつかないでしょう。

とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、十分な車検の期間が残されているなど、なにかしらの値打ちがある車両であれば値段がつくかもしれません。複数の買取業者にあたってみるのが賢明だと言えます。

業者によい評価を得るためにも査定前には、洗車を念入りにし、車内もきれいに掃除しておきましょう。車を査定するのはあくまで人間、ドロドロに汚れた車などより丁寧に洗車された方にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。

そもそも車が汚れていては、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、それが響いて査定額のマイナスにつながるかもしれません。

それから車を洗う時には外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。

This entry was posted in 車を売りたい. Bookmark the permalink.