以前、顔見知りの中古車を扱っている業者の方に、12

ご自身の愛車の価値を知りたい時にまず受けていただきたいの

以前、顔見知りの中古車を扱っている業者の方に、12年乗りつぶした車を下取りのため見てもらいました。私的には、廃車寸前だと言うことで、値段をつけてもらえるかどうか心配していましたが、その下取り価格は3万円でした。あとで、その車は修繕され多くは代車として再利用されるそうです。

過去に修復したことがある場合などは車の査定において重要な確認点となります。車の骨格部分について修理や交換の経歴がある場合は、評価が著しく低くなります。

たとえそれがわかっているにしても、隠してもすぐに判明してしまうので、正直に話をしてください。隠そうとすると良いイメージを持ってもらった方がいいですので、嘘や隠し事はしないようにしましょう。

年式は浅ければ浅いほど査定の値段が上がってきますし、グレードも高くなるほど査定額アップが期待できるでしょう。

車種の色も査定のチェックポイントで、シンプルな白や黒、シルバー等が人気です。

自動車を買う時には、いずれは売却するであろうことを考えて一般受けしそうな色の車を買うというのも良いのかもしれません。

実際に車査定をするとなりますと、多くの業者は走行距離を最初に確認します。

中古車を査定するにあたって、一番重要になるのが走行した距離で間違いありません。走行した距離が10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえるかはその車によって異なりますが、はっきり言って、難しいです。

とはいえ、購入需要がある軽自動車ですとかコレクターがいるような珍しいものであれば、査定額が上がることもあるようです。車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段はつけてほしいものです。

手間をかけてでも、少なくとも2社以上の会社から見積りしてもらうほうが良いと思います。

営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。

さらにその場で少し上げてくれるかも。

もちろん鵜呑みにしてはいけません。競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。普通はそこまでしないはずです。

というわけで、もう1社いきましょう。

実車査定には時間がかかりますが、1日1社でも2社くらいはいけますよね。

きちんと比較して、その中で折り合いがつけられる会社を選べば良いと思います。

車を査定に出す時に覚えておきたい幾つかのアドバイスですが、大事なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、車内の掃除と洗車を行ない、査定に必要な書類は用意しておきます。

これも大事なことですが、後の方になってから変に話が拗れたりすると困るので、事故車で修理歴があることなどは隠すことなく伝えておくべきでしょう。

もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、悔いを残さないようにしましょう。

自分の車は以前事故に遭っています。フレームの修復をしてもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。

しかし、簡単に見ただけでは事故や修理の痕跡はわかりません。

車を買取に出す時に修理歴は言わなければならないのでしょうか。

後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。

それらのリスクの大きさを考えると、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。

何軒かの中古車業者に愛車の売却査定をしていただきました。

それらの中で、ガリバーが最も高く買い取ってくれるとのことなので、この業者に買い取ってもらうことを判断しました。

車査定を、最初はネットでし、愛車をその後、店舗に持っていったところ、ネットでの査定よりも高い金額を提示されたため、即売却を決断しました。

This entry was posted in 車買取り. Bookmark the permalink.