少し前に、自動車事故を起こしてしまいました。壊れ

一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょ

少し前に、自動車事故を起こしてしまいました。壊れた車をどうするかよく検討してみたのですが、結局、修理する方を選びました。

修理にいくらかかるのか見積もりをもらって、買い替えるべきか修理するか考えた結論です。

修理の間は、代車生活を送っています。

修理が終わって車に乗るのが待ち遠しいです。

ネットの一括査定サイト経由で、中古カーセンサー業者の出張査定を依頼しました。

出張査定は無料で、手数料は必要ありませんでした。

ディーラーの下取りを利用したときは査定料がかかりました。本当は買取の方が得だったことが明らかになり、この先は、下取りより買取の方がいいと思っています。

ネットオークションという方法もありますが、ネットを通した車の個人売買はトラブルが多いということですし、トラブルに対処したこともないので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。

軽の車買取で高値で車を売り渡すには、車一括査定で多数のカーセンサー業者の査定をしてみるのが推奨されます。

軽は燃費が良くて税金が低く、維持費も割安ですから、お財布にやさしいです。ですので、中古車市場でも受けも良く、値下がりしにくく高値買取してもらえるのです。

車を下取りする場合に、ガソリンはあった方がいいのか気にする人もいるみたいです。

しかし、結論からいえば、全然、気にしなくてよいことです。車の下取りで必要なのは、年式や車種、走行距離のほかボディカラー、車の状態です。それなので、基本的に燃料の残っている量を気にすることはないと考えられます。車の買取、下取り価格とは走行距離により大きく違ってきます。

例えば10万km超えの車だと下取り価格は大して望めないです。

一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら下取り価格が高価になりやすいです。実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断になるわけです。

最近では、出張査定を行っている自動カービュー業者がほぼ全てといっていいぐらいです。指定の日時に自宅に査定スタッフが出向き、車の現況をチェックして査定を行うものです。

その買取査定額に納得出来るようであれば、車を売る契約の手続きをして、愛車を引き渡し、数日後に口座へ契約した金額が振り込まれます。自賠責保険契約を解除すると残っている契約期間に応じて返金されるのですが、車両を売る時は買取業者が名義変更で対処するため、返戻金は受け取ることができません。

しかし、その分を買取額にプラスしてもらえるケースが多々あります。

加えて、自動車任意保険の際は保険会社に聞いてみて、返戻金を手に入れてください。車種またはタイミングで変わると思いますが業者に買い取ってもらう車が外車だった場合は査定額に納得できないということが起こることがよくあります。外車を買い取ってもらいたいという時は外車専門買取業者、または外車の買取を熱心に行っているような業者に査定を頼むようにするのがよいでしょう。そして、査定は数か所の買取業者で行ってもらう、これを忘れないようにしてください。

This entry was posted in 車買替え. Bookmark the permalink.